2011年度読書会記録

2011年度
回   開催日    本     著者     店    幹事

339 23/12/11  孤宿の人 宮部みゆき  休会  千葉敦子

338 26/11/11  風が強く吹いている 三浦しをん  休会 勝野真紀子

337 24/10/11  大往生  永六輔  ギャラリー山法師  中島久代 
 iPadを頼りに、地下鉄室見駅から博多湾方向へ、小雨降る住宅街を歩いて15分。アンティークでいただく和食の極めつけは、100年前のフランス王家所有のワイングラスに注がれた紹興酒。

336 24/9/11  ワシントン・スクエア ヘンリー・ジェイムズ作/河島弘美訳 ラ・ヴィータ・エ・ベッラ  山中光義
 今回は二人Keys。皆さん、それぞれの事情で参加が困難な時期が続くようだ。一人Keysが3連続するようであれば、しばらく休会とするのもよいかもしれないと、二人で語りながら飲んだ酒もまた、しみじみとしたものあり。

335 20/8/11  忘れられた日本人  宮本常一   休会   末信みゆき

334 30/7/11  風花  川上弘美  有福   石橋宮子
 男性メンバーに支えられている最近のKEYS。その勢力よりついに、回顧録『KEYSを彩った男たち』をまとめよ、とのリクエストが出されました。

333 26/6/11  永遠の0(ゼロ)   百田尚樹   磯人   勝野真紀子
 颯爽と取り出したる三種の神器(?)に興味津々のKeysメンバー。押し寄せるデジタルの時代でも、感じる心はいつまでもアナログでいたい…かも

332 28/5/11 もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら  岩崎夏海     凪   関好孝
 キーズに新時代。素敵なカメラマンをゲストを迎え、男子クラスの初例会。ゲストのストイックな半生には感心するばかり。とてもためになる楽しい夜でした。

331 23/4/11  吾輩は猫である  夏目漱石   魚籠   山中光義
 オーバーワークでストレスが心配な人、持てる力を発揮する場に恵まれず気の毒な人、早く皆に定年退職の日が来て、一緒に自由な人生を謳歌しましょう。

330  /3/11  休 会

329 26/2/11  電子本をバカにするなかれ-書物史の第三の革命  津野海太郎  休 会  山中光義

328 29/1/11  夏の家、その後  ユーディット・ヘルマン  すずろ   関好孝
 美味しい和食のあとは、妖しげな今泉の地下へ。実は、教え子ゆかりの店。マスターのつくる美味しいつまみに、幸せな気分になれるという妖しい酒。隣は大声でしゃべり続ける女性客。不思議な夜が更けていきました。